学校教材を買えるサイト

No.商品番号商品名単価個数金額数量変更
カートは空です

「学校教材でクラスのみんなとふれ合おう!」他

※記事に掲載されている商品は発行時点の情報であり、現在は取り扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。

※メルマガ配信ご希望の方はこちらからご登録ください。

第62号
発行日 2005年02月04日発行
主な内容 「学校教材でクラスのみんなとふれ合おう!」他

    学校教材.com  2005年2月4日金曜日 Vol.062
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     学校教材であそぼ 学校教材がお家にとどく

         いろいろ学校教材メルマガ
        学校教材推進サイトをもっともっと
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いろいろ学校教材めるまが もくじ___________________________________

 1 学校教材でクラスのみんなとふれ合おう!
 2 学校教材.com よりお知らせ
 3 いろいろめるまが編集部より

____________________________________________ gakkoukyouzai.com ___

 1 学校教材でクラスのみんなとふれ合おう!

  3学期も半ばになり、来月には終業式を迎えるんですねぇ。3学期ともなると、
  1学期や2学期とは違って、クラスみんなの団結力も強くなっていて、今が一
  番楽しい時期なのでしょうね。

  そこで、クラスのみんなで楽しめる商品をご紹介します。

 ■商品番号4397ブルー 4398グリーン 4399イエロー
  「フィットネスロープ」

  この「フィットネスロープ(なわとび)」の特徴は、グリップはにぎりやす
  く、ロープの長さ(2.5m)は、からだに合わせて調節できるんですよ。跳び
  やすい太さで、寒さにも強く丈夫なロープです。なわとびが苦手なお子様の
  練習用に最適です。

  寒さに負けず、お友達となわとび大会をして楽しんでみてはいかがですか?
  日頃の運動不足も解消されることまちがいなしです。にじゅう跳びやさんじゅ
  う跳びにも挑戦してみてね。

 ■商品番号3009「竹とんぼ」

  昔懐かしの竹とんぼが簡単に作れるセットです。セット内容は、羽根(15cm・
  両面削り)1つ、竹ヒゴ(φ0.4×18cm)1本、サンドペーパー付。

  作り方は、羽根に竹ヒゴを組み合わせて、ざらついている部分をサンドペー
  パーできれいに整えていきます。その後に、うまく飛ぶか実験してみましょ
  う。小刀ナイフなどで羽根の部分を削ったりして調整するとうまく飛ぶよ。
  実験してみてね。出来上がったら、絵の具やマジックで色をぬって出来上が
  り!

  お友達と竹とんぼ大会をして誰が一番高く飛ぶか競争したら、きっと楽しい
  ですよ。

 ■商品番号1063「木のけんだま」

  「木のけんだま」のサイズは、本体16.5×6.6cm・玉の直径5.4cmです。
  市販のけんだまのように色がぬられていないので、自分の好きなイラストを
  かいたり、色をつけたりできます。世界で一つしかないけんだまをつくって、
  友達とけんだま大会をしてみるのも楽しいですよ。

 学校教材では、この他にもまだまだたくさん優秀な教材たちが揃っています。

____________________________________________ gakkoukyouzai.com ___

 2 学校教材.com よりお知らせ

 学校教材.comでは、取り扱っている商品の詳しい紹介をサイト内で展開し
 ます。
 商品の素材、遊び方、大きさ...などなど。気になる商品がございましら、
 サイト内で具体的にご紹介していきますので、お気軽にご連絡ください。

 知りたい商品を mag@gakkoukyouzai.com まで

 カタログサイトはこちら http://gakkoukyouzai.com/php/tep/catalog/

____________________________________________ gakkoukyouzai.com ___

 3 いろいろめるまが編集部より

  2月のメインイベントと言えば、なんと言っても2月14日のバレンタインデー
  ですよね。
  そんな楽しいイベントであるバレンタインデーの始まりって知っていますか?

  それは、西暦3世紀のローマで、皇帝クラウディウス二世(在位268−270)
  が、若者たちがなかなか戦争に出たがらない。その理由は彼らが自分の家族
  や愛する者たちを去りたくないからだと思い込み、ついに結婚を禁止してし
  まったと言うことから話が始まるようです。
  キリスト教司祭であるバレンチノ(バレンタイン)は、この若者たちみて皇
  帝に内緒で結婚許していたそうですが、これも皇帝の知るところとなり西暦
  270年2月14日に処刑されてしまったのだそうです。

  バレンチノ(バレンタイン)は、獄中でも恐れずに看守たちに引き続き神の
  愛を語り、死ぬ前に「あなたのバレンチノより」と署名した手紙を、獄中で
  親しくなった目の不自由な看守である彼女に残したとされています。

  この話が広まって次第に若い男性が自分の好きな女性に、愛の気持ちをつづっ
  た手紙やカードを2月14日に出すようになり、現在では男女とも、お互いに
  バレンタイン・カードを出すようになりました。このようにバレンタインデー
  は、女性から贈るだけのものではなく、最初は男性から大切な女性にカード
  を贈った事が始まりのようです。

  バレンタインデーに何をするのかは、国によってさまざまな様ですが、日本
  ではその昔、洋菓子店がその話にかけて、チョコレートを贈ろうと宣伝した
  ことから始まりました。今ではすっかり女性が好きな男性にチョコレートを
  贈り、愛を告白する習慣になってますね。もちろん、お世話になった方への
  義理チョコも日本だけの習慣ではないでしょうか。

____________________________________________ gakkoukyouzai.com ___

====================================================================
発行元:学校教材.com事務局 いろいろ学校教材メルマガ編集部
ご意見ご感想: mag@gakkoukyouzai.com

発行責任者:〒900-0025
    沖縄県那覇市壺川2-1-3 2F
    ブロッコ・デリ・アーキテクツ有限会社

      〒892-0862
    鹿児島県鹿児島市坂元町29-10
    ドージン図書

登録・解除はこちらからどうぞ
http://www.gakkoukyouzai.com/mag.html
====================================================================